忍者ブログ

キャビテーションダイエットは副作用がある?

キャビテーションダイエットは副作用がある?キャビテーションダイットは、切らない脂肪吸引です。欧米や韓国で爆発的ブームとなっています。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  

キャビテーションダイエットは副作用がある?

従来のエステでの痩身術は、マッサージや脂肪吸引が主流でしたが、今ではキャビテーションという方法が最も多く使わkれています。これは超音波によって脂肪細胞を分解し、体外に排出してしまうことで痩身を実現するもので、ながらく難しいとされてきた部分痩せや、リスクの少ない痩身がかなうということで爆発的な人気を獲得しつつある痩身術です。

しかし、超音波は人の目に見えないものですから、どうしても副作用などの悪い影響がないか気になる方は多いと思います。キャビテーションは体に穴をあけたりする必要がなく、出血を伴うこともないため大変安全で、しかも即効性のあるダイエットして有名ですが、あえて言うのであれば副作用ともいえる症状がいくつか存在しますのでご紹介します。

超音波を体に照射する過程で、骨にもその振動が伝わることとなります。機械の出力が高い場合、施術中や施術後に、耳鳴りのようなキーンという金属的な高音を感じる人がまれにいます。これはほとんどの場合で一時的なものですので、耳から音が消えるまでは車の運転などはせず、安静にしていればじきに収まるものです。

また、超音波によって破壊された脂肪細胞は肝臓で分解されたのちに体外に排出されるのですが、その破壊ペースが速い場合は肝臓の処理が追いつかず、一時的に肝臓が疲労を感じるときがあります。普段から肝臓が弱かったり、酷使させているような人はなんらかの異常が見られたり、思うような効果が出ないことがありますので注意してください。

基本的にはリスクの少ないキャビテーションダイエット、体質やその日の健康状態で副作用が出てくる場合があるので、施術前やカウンセリングの際にはしっかり医師と話をしておきましょう。
PR

美にリスクはつきもの!?でも副作用は怖いし・・・

美しくなるためなら手段を択ばずに実践してきた方は多いでしょう。でも、その手段がもしリスクの高いものだったら、一歩間違えば美しさどころか人前に出られないような事態に陥ってしまうことだってないとは言い切れないのです。

数年前にもありましたね。美白美容クリームを日常的に使っていた人が、皮膚が脱色したように白斑を帯びてきて戻らなくなってしまったり、小麦粉を多分に含んだ化粧品のせいで小麦アレルギーを発症したりと、ただ「塗る」というだけの行為でもリスクがあることがあるのです。大事な自分の体につけたり、食品として体内に入れるという行動は、一見手軽で日常的に行われてはいますが、そのリスクはしっかり自分で認識しておかなければならないのです。

ダイエットに関しても、食事療法や運動療法は健康的で、エステなどは自然に反するというのは間違いです。食事療法にしても過度なカロリー制限や栄養の偏りは危険ですし、運動に関しても高負荷すぎるものや自分の体調を顧みないものなど、素人が行うにはいささか危険が伴います。

その点、エステはしっかりとした資格をもったエステティシャンがすべてプランニングし管理してくれますので、危険を伴うことがなくダイエットができるのです。現在注目のキャビテーションダイエットも、超音波の照射のみというお手軽さ、低リスクでありながら効果抜群とあって、じわじわと口コミで評判が上がっています。

費用対効果を見ても、リスクの少なさからみてもまさにパーフェクトといった施術がキャビテーションダイエットです。さらに、脂肪細胞の数を減らすことからリバウンドもしにくいということが加われば、将来に向けてのリスク軽減にもつながるという一石二鳥の施術といえるのです。

副作用もなんのその!効果を上げるキャビ後の生活

美容情報、ダイエット情報に詳しいあなたならもうご存知のことと思いますが、最新のサロンダイエットの方法として爆発的な人気を獲得しつつあるのがキャビテーションダイエットというものです。キャビテーションダイエットとは、お腹周りや二の腕、太ももなどの脂肪が多くある部位に特殊な超音波を当てることで脂肪細胞を部分的に破壊し、体にその細胞を不要な老廃物と勘違いさせることで体外へ排出させることで痩身効果を得る施術です。

この施術のメリットは、従来の脂肪吸引のように体に穴をあけなくていい、切開などの必要がないので、施術リスクや医療ミス、副作用や外観の変化がほとんど見られないということです。血を流さないことから医師の立会も必要なく、エステティシャンによる施術が可能なので、リーズナブルな料金で受けられるのも魅力です。

また、長い間「部分痩せは不可能」と言われてきましたが、この方法を使うと部分的に痩せる、脂肪を減らすということが可能になるため、お尻や胸などのボリュームが欲しい部位と、ウエストをくびれさせたいという希望を同時にかなえることができるのです。

キャビテーションダイエットの施術のデメリットはごくわずかですが、人により腹部にキャビテーションを行った場合に胃腸に影響を及ぼし、腹痛や下痢などを一時的に体感する人もいるそうです。ですがこれも一過性のものですし、副作用としては軽微なものに入るでしょう。

キャビテーション施術後は当日から3日後にかけて集中的に痩せ期となるので、効果を最大限に出すにはその期間の脂肪分の摂取を控えることが大事です。鶏のささみや豆類などの良質なたんぱく質を積極的に摂取することで空腹も紛れますし、キャビテーションの効果も顕著に表れますので、ぜひ覚えておいてください。

キャビテーションダイエットの効果と副作用

一昔前は、エステでの痩身というと脂肪吸引が主流でした。ですがお腹に穴をあけるという行為はリスクが伴い、施術できるスタッフも限られているため、不自然な高額化やスタッフの超過勤務、施術ミスによる事故などさまざまな問題がありました。
その後、超音波によって脂肪細胞を縮小するマシンが出たり、リンパマッサージやセルライトをほぐして老廃物を流すなど、即効性はないものの安心安全な施術がメインとなってきたエステ業界。神の手などと呼ばれる卓越した技能を持つスタッフなどがテレビでも特集されたりしましたね。

それに引き替えキャビテーションンダイエットというのは、施術箇所に穴をあけたり血を流したりすることがなく、マシンの操作さえできればどのスタッフでも同様に効果が出る痩身術です。しかも即効性があるというのが最大の売りで、施術当日~3日程度でウエストマイナス5センチ、太ももマイナス3センチは最低ラインと言われるほどです。

キャビテーションは脂肪細胞を特殊な超音波で破壊してしまうという痩身法で、破壊された脂肪細胞を老廃物として体外に排出することで痩身を実現するというものです。破壊された脂肪細胞が排出されるのは施術後すぐから3日程度。ですので即効性のあるダイエットとしてかなりの注目を浴びているのです。

気になる副作用、デメリットですが、腹部などに超音波を当てる場合はお腹を下す方が稀にいる程度で、目立った深刻な副作用というものは報告されていません。しいて言えば急激に脂肪細胞を減らすので、体が危機感を感じるため、施術後の効果が出ている期間は食べ物の吸収率がよくなってしまうということ。
ですので、施術後数日はできるだけヘルシーな食事をすることでいっそう効果を感じることができるとのことです。

キャビテーションのメリット・デメリット

キャビテーションは今最も話題の痩身方法で、脂肪の気になるところを「切らずに」脂肪を減少させる施術方法です。切らずにどうするのか?というと、脂肪細胞にはたらきかけて振動を起こして破壊、溶かしてしまうというものです。

溶かされた脂肪細胞は体内にとどまらずに排出されるので、ねらったところを集中的にケアできるとあってかなり人気です。全体的に痩せたいという方よりも、長い間不可能とされてきた部分痩せを実現できるということで注目されているのですね。

お腹を切ったりしないで脂肪を無くせるのはかなり魅力ですが、脂肪細胞を破壊するほどの超音波の振動って体に悪くないのでしょうか?

すべての施術には副作用があると言えます。少しの違和感も副作用にカウントするならば、その数は膨大です。すべての副作用が悪とは言いませんが、どのようなリスクがあるのかは承知したうえで施術を行うことが大事ですね。

キャビテーションでよくある副作用といえば、機械音が耳について離れないとか、それによる頭痛などが最も多い症例として挙げられています。これは施術後数時間で消えるものなのであまり心配はいらないと思います。

次に、溶かされた脂肪細胞を分解して排出するときに負荷がかかる肝臓に不調を訴える方もいるとのことです。もともと肝臓に負担をかけられないような状態の方は注意が必要でしょう。

また、脂肪を一気に破壊して排出するために便の種類も変わってきます。お腹がゆるくなったと感じたり、軽い腹痛なども自覚症状としては少なからず報告されているということです。

このように、脂肪吸引とは違ってかなり軽い副作用で済むことがお分かり頂けたと思います。体に負担をかけずに痩身ができるキャビテーションは要チェックですよ。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]